孤独感との闘い。トヨタ期間工時代の話。

僕が期間工として働いている
デンソー安城製作所の近くに、
トヨタ車体があります。

トヨタ車体の周辺で見る従業員、
社員か期間工だか派遣の人だかわかりませんが、

その人たちを見ていると、
むかしトヨタで期間工として働いていたときを
思い出します。



いま思えば、なんというか孤独感との闘い、

職場は女もいなくて殺伐としてるし、
寮の周りは、なにも色めいたものもない、
殺風景な場所でした。

トヨタの期間工で働いていた時は、
上郷工場というところ。

寮は「第3高岡清風寮」。


いまはグーグルストリートビューってものがあって便利ですね。

むかしいた寮の写真もカンタンに見れてすごいです。


ここが「第3高岡清風寮」。


ここはわりと広い敷地で、
右側や奥の方にも寮はいくつかあります。

というかこのへん一帯がトヨタの寮。
右も左もトヨタの寮って感じでした。

ちなみに僕はこの建物の2階の、
左から2番目か、
そのあたりにいたような気がします。


ここの周辺はほんとに何もない。

歩いて5分くらいのとこにあるお店で
映画をレンタルしてきて見るくらいが楽しみ。

まだあのお店あるのかな・・・?


あったわ。(w)


こんなお店が生き残ってるくらい、
なんもない場所です。

むかしはこの敷地内に、
ゲーセンがあったんだよな~。

今はないようだ。



近くのサンクスは変わらずあるようで。


ここで仕事終わりの夕食を毎日、買ってたな~。
せめてコンビニでくらい、
カワイイ店員で目の保養をしたかった覚えがあります。

逆方向にはメグリアというトヨタの生協スーパーがあって
そこでもまた可愛い店員がいない始末。
でもその敷地内にあった美容室には
ちょっと可愛いお姉さんがいた気がします。

メグリアでは買い物がぜんぜん楽しくないので、
自転車で数十分走ったところにあるイオンまで
月3くらいで言ってたことも思い出しました。

僕がトヨタの期間工やってたときは寒い季節だったんで、
余計に孤独感と寂しさが増してました。

つらいんだよ寒いなかの自転車は。(涙)

やだね~こんなところ。(涙)



んで、仕事にいくときは、寮の食堂前にある、
この広い場所でバスを待ちます。


たしか朝の4時~5時くらいから
待ってた記憶があります。

少しでも早く乗って、窓際に座ろうと、
バス待ちで並んでた記憶も。

運転手は、バスの真ん中の席も使わせるので、
バスがパンパンになるまで発車しません。


このバスでの通勤がほんとにつらかった。

寒いと、つらいことも2倍、3倍、つらくなりますね。
バスではよく「生島ヒロシ」のラジオがかかってなかったっけな?

つらかった思い出も今では良い思い出・・・
いや、やっぱつらいもんはつらい。

ここは二度とゴメン。


でもって、バスで数十分くらいかけて
トヨタの上郷工場に向かいます。

つく場所はここ。


護送車の停留所といった感じ。

決して「バス」と呼べるものではありません。
経験者にはバスでなく護送車に見えます。


なんというかなぁ・・・

ほんとによくやってたと思う。
よくあの禁欲生活、
そして孤独感に耐えたよ。


完全なる一匹狼で、人とのかかわりを一切拒否して生きれる、
そんな人でない限り、とても長期間できんのじゃないかなと。

基本さみしがりやな僕は半年はたらいただけで、
「よくやったわ。」と思えるほど。

仕事でもプライベートでも、
強制的に禁欲生活してた気分っす。

田舎から、親がときどき送ってくれてた、
お菓子やレトルトカレーなんか届いた日にゃ、
かるくホームシックになる始末。

カゼで高熱を出してしまった日には、
寮で寝込み、部屋の天井をみながら、
ひとりで死ぬことの孤独感(w)を、
かるく味わった気がします。



そんな、僕の中では最低最悪なところでしたが、
こんな場所だったせいか、人の優しさに触れると
際立って「ありがたい。」と思えたこともありました。

一緒にはたらく人たちって大事。超大事。

長くなったので続きは次回。

スポンサーリンク

PAGE TOP